スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ADVENTURE Act.013 氷美頭巾ちゃん
氷美です
夏嫌いです、氷美にもっとも合わない季節です
日焼けとか嫌いです

エルパ

┃電柱┃_・)ジー
エルパって日差し強いよね、日焼け止めが欠かせません
今日は日の当たらない場所でも行ってこようかな
そんな訳で


○月×日
今日は洞窟探索に行ってきました
洞窟を進んでいくと狼さんに出会いました

狼1

大きなお口と鋭い爪が怖いです

狼さん  :おやおや君は氷美頭巾ちゃんじゃないかい、こんな所でいったいどうしたんだい?

氷美頭巾:ちょっとお散歩がてら涼みに来たんだよ

狼さん  :なるほど、でもこの辺りにはとっても怖い魔獣が住み着いてるから気を付けるんだよ

氷美頭巾:うん、大丈夫、だって氷美は強いもん

狼さん  :ほほう、それは頼もしいな、でも油断は禁物だよ、魔獣は氷美頭巾ちゃんが思ってるよりずっと強いよ

氷美頭巾:そうなんだ、ちょっと怖いな~

狼さん  :ようし、私が氷美頭巾ちゃんのお散歩ついていってあげるよ

氷美頭巾:本当!嬉しいな、でも氷美何処行くか決めてないんだ

狼さん  :大丈夫、私は氷美頭巾ちゃんの後ろをついていって後ろから守ってあげるから

氷美頭巾:わーい、それなら安心してお散歩できるね

狼さん  :任せなさい、氷美頭巾ちゃんはちゃんと守ってあげるから

氷美頭巾:ラン♪ルン♪ララン♪

狼さん  :おや、なんかとってもいい香りがするね

氷美頭巾:あっ!わかった?おやつににりんごを持ってきたんだ、あとでまるかじりするんだ、狼さんも食べる?

狼さん  :それはありがとう、でも私がまるかじりにしたいのは氷美頭巾ちゃんの方なんだよ

氷美頭巾:へえ、そうなんだ~、でも氷美の本当の目的は狼さんをブチ殺す事なんだけどね~

狼2

洞窟にこだまする狼の絶叫、泣き叫んで許しを請う狼をまるで聴く耳持たない勢いで響きわたる鈍く重い鈍器のぶつかる音
飛散る鮮血を受けながら薄っすら笑みを浮かべる少年

この先ここに住む狼達の間で伝説として語り継がれるのである
プリリン頭巾をかぶった悪魔の物語が







氷美    :ああ、いいストレス発散になったな~、やっはイライラしてるときはサンドバックを叩くに限るねもちろん生きた獲物をね

ストレス発散もしたしちょっとホテルのベランダでもいってお外を眺めていようかな

ベランダ

氷美ってなかなかいいホテルに泊まってるでしょ
あの狼、結構いい金持ってたからね

(´・ω・`)ノシ。:*;・☆'



スポンサーサイト
【2007/07/10 20:38】 | ラ☆テール | コメント(0) | page top↑
<<ADVENTURE Act.014 ベア・キラー | ホーム | ADVENTURE Act.012 カッパッパ~のパ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。